三国観光協会
公式サイト

東尋坊・越前がに・三国温泉・・・
見どころ遊びどころ満載のまち 三国町

みくに観光まるごとナビ

散策ルートWALK ROUTE

文学歴史ルート

自然散策ルート

文学歴史ルート

レトロな町並散策ルート

ノスタルジックな町屋風景や、いぶし銀のような
オーラを放つ貴重な建造物や豪商の屋敷跡・老舗名店が。

旧森田銀行 旧森田銀行

高見順生家 高見順生家

宮太旅館 宮太旅館

岸名家 岸名家

三国湊町家館 三国湊町家館

思案橋 思案橋

入り組んだ細い路地に埋め尽くすように、瓦を連ねた回船問屋。当時の豪商たちの豊かな暮らしぶりや、粋を求めた庶民の生活様式を、今に伝えるたたずまい。北前船がもたらした栄華を中心に、独特の商人文化や職人文化が発展した三国。色町としても栄えた通称「出村」と呼ばれる地域にも、その独特な趣が、現在もひっそりと息づいています。いつの間にか、セピア色のレトロ浪漫の世界に迷い込んだ気分になります。

ページのトップへ

街中神社仏閣散策ルート

三国の地は、中世 大寺の荘園の一部であった
三国湊とともにその歴史を刻んで来ました。

瀧谷寺 瀧谷寺

成田山福井別院 成田山福井別院

妙海寺 妙海寺

性海寺 性海寺

西光寺 西光寺

永正寺 永正寺

金鳳寺 金鳳寺

繁栄の影に、多くの人々が魂の救済を求めていたのでしょうか?それとも信仰心の厚いお土地柄なのでしょうか?町中のどこを歩いても、ワビサビあふれる風流な神社・寺院に辿り着きます。そのどれもが妙に懐かしく、寡黙に長き歴史を語りかけてきます。たまには気持ちをまっ白にして、しっとり静かにお寺巡りはいかがでしょう。俳諧で名をはせた、高い教養と美貌を備えた遊女「哥川」が眠るお寺も、確かこの界隈とか。似ているようで微妙に違う、各お寺の駒犬チェックも、観光客さんの間で流行の兆しあり。

ページのトップへ

自然散策ルート

定番ルート

スリリングな断崖絶壁や奇岩で有名な東尋坊は、サスペンスドラマでもお馴染の景勝地。
初めての方はもちろん、何度訪れてもダイナミックな日本海の絶景が出迎えてくれます。

東尋坊商店街 東尋坊商店街

大池と遊覧船 大池と遊覧船

長屋のように連なった東尋坊商店街を通り抜け、通称「大池」と呼ばれる岩場付近の展望テラスに出るルート。ここにある「東尋坊」の看板と眺望を背景に、多くの観光客さんがシャッター音を響かせています。 東尋坊観光遊覧船の乗り場もこちらです。 とりあえずコンパクトに、絶景スポットと食事・お土産ショッピングを楽しみたい方にオススメ。 歩きながら豪快に、熱々浜焼きのイカやホタテにかぶりつくのも、東尋坊スタイルです。

ページのトップへ

お気軽散策ルート

特に水平線を真っ赤に染め上げる夕陽の美しさは圧巻。
「日本の夕陽百選」にも数えられるドラマチックな眺望を楽しんで下さい。

雄島を眺める絶景 雄島を眺める絶景

緑多い散策路 緑多い散策路

長展望テラスから左右に伸びる遊歩道を10分程度散策するコース。向かって左に進むと、ライオン岩・ろうそく岩といった奇岩変岩が姿を表します。絶景夕陽のビューポイントとして、カメラマニアが陣取る一角です。また、右に折れると仲良く並んだ夫婦岩が出現。このルートは喧噪を避けて、ゆっくり落ち着いた散策をしたい方にオススメ。遊覧船で海上から、これらの奇岩の全体像をワイドに眺めると、その名の由来がハッキリと納得できます。

ページのトップへ

本格ウォーキングルート

刻々と表情を変える、空と海と岩が織りなす大自然のアート。
また違った東尋坊の顔に出会えること、請け合いです。

荒磯遊歩道 荒磯遊歩道

朱塗りの大橋 朱塗りの大橋

「東尋坊〜荒磯遊歩道」 ・「 東尋坊〜雄島」と続く、片道2km(約30分)の自然満喫散策コース。体力と時間に余裕のある方は、是非トライして下さい。 荒磯遊歩道は別名「文学の散歩道」。高見順や三好達治など、三国ゆかりの文人・俳人・詩人の句碑や詩碑が並ぶ、インテリジェンスな散策道です。また神の島「雄島」へと延びる遊歩道は、のどかな漁師町の日常風景に触れる、癒しの散歩道。朱塗りの大橋を渡り、雄島側から眺める東尋坊もまた格別です。 こちらの両コースは、歩きやすい履物を用意していただくのがモアベターです。

ページのトップへ


みくに観光まるごとナビ

坂井市三国観光協会

〒913-0063 福井県坂井市三国町東尋坊

TEL:0776-82-5515FAX:0776-82-6988

© 2014 Mikuni Tourist Association. All Rights Reserved.