大会ご協賛の募集について 大会特別ページ ふるさと納税について

2017年8月11日(金・祝)※荒天の場合12日、13日と順に順延 【開催場所】福井県坂井市三国町宿、米ヶ脇「三国サンセットビーチ」 【打上時間】19:30〜20:30

トップページ 大会プログラム 会場案内 アクセスマップ 有料観覧席について

三国花火の穴場!? 快適で便利な、ボートパーク会場の攻略マニュアル

ボートパーク会場

会場へのアクセス指南

●会場への行き方がよく分からない方は、まず、道の駅みくに「ふれあいパーク三里浜」辺りまでお越しください。道の駅から下記の道順で臨時駐車場へ行くことができます。駐車場から5〜10分おきに花火会場へのシャトルバスが運行されています。

テクノポート臨時駐車場@までのアクセス
image
福井方面から来られた時 image
道の駅みくに横の「山岸第2」交差点をそのまま直進(西進)してください。
越前海岸方面から来られた時 image
道の駅みくに横の「山岸第2」交差点をそのまま左折(西進)してください。
image image 坂道上ってすぐの信号を直進。
道は下り坂になって、突き当たりを右折です。
image すぐに、セメント会社のタンク塔が見えてきて、この辺りの右手が駐車場入口になります。
image image 対向車に注意しがら右折をして、坂道を上ると、駐車場です。
当日は、カラーコーン等で、駐車区画を設けています。
image 駐車場の入り口辺りに、シャトルバスのバス停が設置されます。バスは、1周10〜15分程度のコースを、4台で周回していますので、すぐに乗車できなくても、5〜10分ほど待っていただきますと、次のバスがやってきます。
当日は、乗車案内スタッフを配置します。
また、バス乗車前には、車の施錠と、アイスボックスや敷物など忘れ物がないかのご確認を。
テクノポート臨時駐車場@のバス停をご利用ください。
地図
拡大する
●シャトルバスで会場到着後
image 10分ほどの乗車で、会場入り口のバス停に到着します。
ここから会場までは、徒歩20分。がんばって!!
image (昨年の、道中の雰囲気)
image image この三叉路まで来たら、会場まであと少し!
image image ここが「九頭竜川ボートパーク」会場。
今年は、正面に有料観覧席が設置され、手前と左側が一般の観覧場所(無料)になります。
image image 歩いてきた道の先にある駐車スペースには数軒の露天商が立ち並びます。
有料観覧席へは、その先にある坂道を下りてください。
image 正面が有料観覧席スペースで、右側とこの写真を撮っている辺りが、場所取りをして自由に観覧できるスペースです。
(場所取りは当日の朝8時からとなっております。)
image image 有料観覧席のスペースは、九頭竜川の河口に近く、見晴らしがとてもよくなっています。
花火は、いろいろな場所から打ち上げられ、この九頭竜川河口からも水中花火が投げ込まれますし、ナイヤガラの仕掛け花火やスターマイン・早打ち花火などは、目の前に延びる三国港突堤から打ち上がります。
●今紹介した臨時駐車場が、万一満車になっても、大丈夫。 今年は、このエリアにもう1ヶ所臨時駐車場を設けています。
テクノポート臨時駐車場Aまでのアクセス
image
福井方面から来られた時 image
道の駅みくに横の「山岸第2」交差点をそのまま直進(西進)してください。
越前海岸方面から来られた時 image
道の駅みくに横の「山岸第2」交差点をそのまま左折(西進)してください。
image 福井市街や越前海岸方面へ、より早く帰られたい方は、こちらの駐車場を利用した方がいいかも。 最初に紹介した「道の駅みくに」から、交差点を西進して、その道路が突き当たる手前左側に、駐車場への道路があります。
image まっすぐ進むと、じきに右側に駐車場が。
image 駐車スペースは、十分に設けています。
見えにくいですが、地面にはラインが引かれていますので、それに従って駐車してください。
image シャトルバスのバス停は、駐車場に入った左手に設置されます。この場所にも、当日は大会スタッフが配置されます。
テクノポート臨時駐車場Aのバス停をご利用ください。
地図
拡大する

◎会場紹介と、うんちくエトセトラ

昔からのメイン会場である「三国サンセットビーチ」と比べ、迫力がないとか、見劣りがするとか思われている方がいますが、実際にはそのようなことはなく、「砂浜から見る」というロケーションにこだわらなければ、三国サンセットビーチ会場と同様に楽しめます。

もう少し説明をしますと、三国の花火は、複数の打上げ場所から花火が打ち上がるので、三国サンセットビーチの方が近くで見られる花火と、九頭竜川ボートパーク会場の方が近くで見られる花火と、両方あり、名物の1つである水中花火も、ビーチ沖と九頭竜川河口と両方で投げ込まれています。
1つ、強いて挙げるなら、仕掛け花火の文字が、反対に(裏返って)見えることくらいでしょうか。

観覧のスペースは、三国サンセットビーチ会場と比べ、かなりゆったりしています。
会場の後方であれば、例年なら、打上げ開始間際であっても、まだ座れるスペースはあります。
露天商も、三国サンセットビーチ会場ほどではありませんが、何軒か立ち並びます。
有料観覧席には、ドリンク販売コーナーを設け、仮設トイレも置きますので、かなり快適なスペースとして、花火を楽しんでいただけると思います。

有料観覧席は、会場入り口にて、当日販売を行います。ご希望の方は、スタッフにお気軽にお声掛けください。
※有料観覧席についてはこちらから

image image image

◎駐車場について

こちらの会場を利用する方の臨時駐車場は、会場近くに確保することができないため、駐車場と会場近くまでをシャトルバスで結び、そこから約20分程度歩いていただきます。
そのようにご案内すると、すごく遠くて不便なように聞こえるかもしれませんが、三国サンセットビーチ会場側なら、三国運動公園や坂井市役所三国支所周辺の臨時駐車場を利用して、そこから雑踏の中を30分以上歩くことと比べると、大差ないと思います。会場周辺の臨時駐車場が満車になりにくく、駐車場を探す手間がない分、九頭竜川ボートパーク会場の方が便利かもしれません。

花火終了後、帰路もシャトルバスを利用して、臨時駐車場に戻ることになります。
九頭竜川ボートパーク会場での観覧者は、例年、花火を最後までしっかりと見られる方がほとんどのようです。そして、観覧者の方々は、花火が終わって15分程度で、全ての方がと言っていいくらい、会場を後にします。
そのことにより、帰りのシャトルバスは混み合ったり、バス待ちの方が並んだりと、多少の混雑が生じますのは仕方ないことですので、急がずあわてず、トイレなどを済ませて、バス停へと向かってください。

臨時駐車場から帰路に着く際には、多少の混雑はありますが、駐車場から離れるにしたがって、じきにスムーズに流れだすと思います。 その際、ご注意していただきたいのは、三国方面へは決して向かわないことです。渋滞に突っ込みに行くようなものですので。
あわら市・石川県方面へ帰られる方は、まずは、東進して、芦原街道(県道5号線)・空港道路(県道29号線)・国道8号線まで出てから、北進することをお勧めします。
例年の状況では、九頭竜川ボートパーク会場で観覧して帰られましても、福井駅前近辺には22:00〜22:30頃には着くようです。
三国サンセットビーチ会場の会場近辺では、23:00になっても渋滞が解消されないことと比べると、どれだけスムーズに帰れるか、お分かりいただけると思います。